カテゴリ
全体
映画
音楽

漫画
ドラマ
ニュース
日常
CM
未分類
エイミです。よろしく。


カテゴリ:本( 3 )
ブログの本棚
こんなん作ってみました。

今のところ殆ど漫画ばっか。もっと増やすつもりです(笑)
映画と小説は、力尽きて載せられませんでした・・・。しかも全然評価してない。
そのうち評価なんかもやるので、しばらく経ってから覘いて下さると嬉しいです。
[PR]
by goutde | 2004-10-07 15:04 |
殊能将之 追記
小説・詩・読み物

先日書いた殊能作品について少し。

どの作品についても、語れば即それがネタバレにつながるかもしれない、という気持ちにさせられる。予備知識全くなしに読んで、帯から装丁から何から何まで利用した殊能さんに騙された自分は、とても幸せかもしれない。

ただ、何も考えずに読んだのでは、本当に面白いところを見逃す可能性が高い(石動シリーズ)。例えば多々用いられる「引用文」。用いられているからには、意味がある。
題名にしても、そう。
以下↓題名についていくつか。ネタバレになる可能性もあるので、まだの人は見ない方がいいかも。反転させると見えます。
「美濃牛」はミノタウロスのことで、ギリシャ神話のミノタウロスの話を知っていれば、天瀬と窓音の繋がりがわかる。「黒い仏」は「黒仏」と書いて重箱読みするとクロフツ。「樒/榁」の文字を良く見ると・・・密室。
引用から暗に示されていることはこんなもんじゃない。とにかく見逃せない。見過ごせない。
殊能作品を理解しようとする上で必要なのがご本人のHP。booksを。本の中だけでは見えなかったものまで見えてくる。考えれば考えるほど。
こうやって殊能作品及び殊能将之本人にずぶずぶ嵌まり込んで行く。

殊能作品は、(一作目を除いて)賛否が激しく分かれるようです。
なんと言っても「黒い仏」。これはなんだか裏切られた感がありました。読んだ当時求めていたものがこの作品には無かったから。ぶっ飛んでた。
でもですね、これ、というより石動シリーズ全般、一作品だけを独立させて読むもんじゃなくて、全てに繋がりがあると思うんです。これは全作品読んだ人になら分かってもらえるかなあ。私の稚拙な文章では伝えきれないかも。
・・・シリーズものを読むときって、無意識にでも意識的にでも、これから読む作品の大体の予想をたてて読み始めますよね。そういう時ってだいたい前作の内容から予想を立てるのですが、殊能作品においては、読者のその「前作からの予想」が大きな役割を持っている。つまり読者は、「前作からの予想」を大きく裏切られていたことに対する驚きと、そのうえにその作品自体の驚きとかがあるわけですから、余計に楽しめる。
ってうわあ分かりにくい(苦笑)。すみません。なんとなく分かってもらえたら嬉しいです。

それから殊能作品には、「少年が大好きな女の子に好きだと言えず苛めてしまう」心理が見え隠れするんです。本当にミステリ大好きなんですね。

とにかく殊能作品には、最初から今まで翻弄されっぱなし。読者の反応見てほくそ笑んでるんだろうなあ。いつまで読者を弄ぶつもりだろうこの人。でもこういうのって不思議なもので、よく言いますよね、毎日何かと苛められていて、もう嫌だと思っているのに、ふと突然苛められなくなると、なんだか寂しい気持ちになる、っていうの。まさにそれです。

もう殊能さんなしでは生きていけません(笑)。
[PR]
by goutde | 2004-09-17 22:06 |
殊能将之+ハサミ男
「ハサミ男」 殊能将之
(トラックバックするの初めてなんで、ちょっと心配。どうなるのかな。)

殊能将之のデビュー作「ハサミ男」。
ミステリー好きな人も好きじゃない人も必読です。読まないと損。
ハサミ男についてあんまり語るとネタバレになるのであまり言えないのですが、一つだけ。
何も考えずに読め。
この本を最も楽しむために。


簡単に殊能将之の紹介をしときます。

1964年1月19日福井県生まれ
名古屋大学理学部中退

本人、メディアに顔を出しません。唯一見た写真は、ダ・ヴィンチ第73号のミステリーダ・ヴィンチでのインタビューだけ。しかも殺人現場の死体写真として。

今までに出ている作品は

「ハサミ男」 (講談社ノベルス, 1999/8)(講談社文庫, 2002/08[解説・小谷真理])
「美濃牛」 (講談社ノベルス, 2000/4[解説・川崎賢子])(講談社文庫, 2003/4[解説・池波志乃])
「黒い仏」 (講談社ノベルス, 2001/1)(講談社文庫, 2004/1[解説・豊崎由美])
「鏡の中は日曜日」 (講談社ノベルス, 2001/12)
「樒/榁」 (講談社ノベルス, 2002/6)
「子どもの王様」 (講談社, 2003/7[イラスト・MAYA MAXX])
「キマイラの新しい城」 (講談社ノベルス, 2004/8)

どの作品も面白いけど、やっぱり一番はハサミ男かな。
初めて読んだときの感動は今でも覚えてます。

殊能さん本人のHP mercy snow official homepage
ほとんど毎日(日に数度)更新されるmemoは、様々なことを書いていて楽しめます。
なんといっても朝昼晩のご飯報告。おいしそう。意外な(?)趣味とかも。
dreamsのページも奇妙でおもしろいです。

殊能さん大好き。
[PR]
by goutde | 2004-09-11 11:46 |



本とか映画とか音楽とか、日々
by goutde
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新のコメント
by lostyand at 21:48
[url=http://..
by Bobspokefes at 12:42
[url=http://..
by Updadaste at 16:21
MESSAGE
by annnagood at 04:05
[url=http://..
by Renipokjio at 20:56
Payless Car ..
by eva%20longoria at 17:07
お久しぶりです。お元気で..
by minat803 at 21:54
よいお年を!また来年!
by derochan3 at 21:37
卒論、大変ですね。思い返..
by kiyotayoki at 19:52
>ユメリアさま ようこ..
by goutde at 02:27
最新のトラックバック
テラびしょびしょw
from お・な・に・ぃ
負けても勝ち組w
from ドンパッチ
mapqwest.com
from mapqwest.com
oa29n4zc
from oa29n4zc
on line casino
from on line casino
ambien
from ambien
ambien where..
from ambien where t..
online casin..
from online casino ..
gambling
from gambling
bingo
from bingo
以前の記事
2004年 12月
2004年 11月
2004年 10月
2004年 09月
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧